現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】

MENU

マンションの修繕

大工

退去時に掛かる費用

現在住んでいるマンションを退去する時、気になるのが退去費用です。これから移り住むために引っ越し費用が大きく掛かり、そのほかに修繕費などが求められることがあるでしょう。近年の賃貸借契約書のスタイルは退去時に修繕費を求めるのではなく契約時に現状回復費を求めることが多いです。予め現状回復費を預けている関係上、退去時に費用が掛からないと考える人も多いでしょう。しかしながら、賃貸借契約は不動産業者や不動産オーナーに有利な契約内容になっており、現状回復費で賄えない修繕費を退去時に求める内容を契約書に複雑な文言を使って書いてあることがあり、その契約を交わしていると現状回復以外に修繕費が求められることがあります。そもそも、現状回復費が必要なのかという疑問を持つ人も少なくないはずです。賃貸目的で所有する物件を利用者に貸せば必ず使用劣化は進みます。利用者が故意に壁やフロアー、住宅設備などを破壊する行為や著しい傷などがあれば、修繕費を求めることは仕方がないでしょうが、日常の使用で劣化が進み汚れなどが出る場合の修繕費を求めることは法律的にも認められていません。まして現状回復費としてして元通りにする費用を予め求めることもおかしな話です。不動産仲介業者が自社の利益を確保するためにこのような契約者に不利な内容を考えているのです。敷金の相場は2ヵ月から3か月です。敷金は家賃保証のための預かり金で、修繕に使うことはできません。正しく家賃を支払っていれば全額返金を求めることが出来ます。保証金設定が無く原状回復費を求める業者での契約には気を付けましょう。

Copyright© 2018 現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】 All Rights Reserved.