現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】

MENU

お引越し前に最後の確認

工具

立ち合い確認を怠らない

この春からいよいよ新社会人になる方、学生時代の下宿から新しい住まいにお引越しされる方も多いでしょう。お引越しの際に意外と大事なのが、部屋を借りる前の状態に戻す「現状回復」です。お部屋を綺麗に清掃、修繕し、きちんと現状回復すると、敷金が不動産会社から一部還ってくるかもしれません。何かと物入りな時期に、少しでもお金が還ってくるのは嬉しいことです。ところが、この敷金の返還については、曖昧な点も多く、いくら綺麗にしても、敷金が1円も戻って来ないことが往々にしてあります。そのため、お引越しで部屋を明け渡す際には、不動産会社の方にしっかりと立ち合い確認をして頂き、簡単に見積もりをして貰うのがベターです。特に、引越しの重なるこの季節には不動産会社の方は大変忙しいので、「後で見て連絡します。」と済まされる事が多いのです。しかし、たいていの場合、連絡は来ず、敷金は還ってきません。いくら気を遣って現状回復しても、敷金が還って来ないのであれば骨折り損のくたびれ儲けになってしまいます。そこで大事なのは、最後の引き渡しの時に、たとえ面倒なそぶりをされても不動産会社に立ち会って貰うことです。そこで、現状回復出来た部分と出来なかった部分を、両者立会いの下、目視確認することが重要です。目視確認が終わったら、どれくらいの金額が還ってくるのか、何時迄に振り込みの連絡をくれるのかを話し合いましょう。このひと手間を惜しまないことで、現状回復にかけた努力と労力が報われ、多少なりともお金が還って来る可能性が高くなります。

Copyright© 2018 現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】 All Rights Reserved.