現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】

MENU

賃貸住宅の退去にあたって

リフォーム

話し合いと業者選びが大切

賃貸住宅を退去する際に欠かせないのが、経年劣化や汚損・破損したクロスの張替え、畳やフローリングの修繕、カギの交換などの現状回復です。現状回復に必要な費用や期間は、汚損・破損の度合いや面積、現場での作業を依頼する業者の選び方によって大きく変わってきます。民間の賃貸住宅では、大家や管理会社が指定する業者に現状回復を依頼するケースが殆どですが、費用の負担をめぐって思わぬトラブルに発展するケースも少なくありません。まずは経年劣化や自然損耗・通常損耗と、入居者の故意や過失による汚損・破損との違いを明らかにして、貸主と借主の双方が納得できるまで話し合うことが大切です。入居年数が長くなるほど、通常の生活を送る上で避けられない経年劣化や自然損耗・通常損耗が考慮されて、借主側の負担の割合が少なくなるケースが一般的です。現状回復の作業にかかる費用の適正な相場を知るためには、複数の業者で見積もりを取って比較してみるのも良い方法です。長い築年数が経過している物件では、現状回復を兼ねて思い切ったリフォームを行うほうが、次の入居者を募集するにあたって有利になるケースも少なくありません。リフォーム済みの中古物件が賢い消費者からの注目を集めている最近では、センスの良いリフォームを得意とする業者も増えています。借主の入居当時と比べて内装や設備をグレードアップさせる場合には、現状回復費用との差額分は貸主側の負担になります。

Copyright© 2018 現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】 All Rights Reserved.