現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】

MENU

リフォーム

賃貸住宅の注意点

賃貸住宅では現状回復工事を行うことによって、入居率の向上や資産価値の維持、ランニングコストの抑制などの効果が期待できます。業者を選ぶ際には工事期間を明確にするとともに、借主との費用負担に注意しなければなりません。

大工

マンションの修繕

不動産の契約で現状回復費を求める不動産業者があります。一般的には敷金を2ヵ月から3か月求めることが多いでしょう。退去時に原状回復費は戻されません。敷金の場合原則返還されますので、契約内容をしっかりと確認しましょう。

部屋

ガイドラインの説明

賃貸物件において賃借人の貸主の間で現状回復の責任の所在のトラブルが多発していたこともあって、国土交通省ではガイドラインを設定しました。賃借人の故意または過失があったときのみ賃借人の責任となり、その場合でも減価償却の考え方で金額は下げられることになります。

工具

お引越し前に最後の確認

お引越しの際には、現状回復した部分の立ち合い確認を不動産会社の方にお願いしましょう。その場で双方合意の下、返還される敷金の金額と時期を決定することで、現状回復にかけた労力が報われる可能性が高くなります。

リフォーム

賃貸住宅の退去にあたって

賃貸住宅を退去する際に欠かせない現状回復は、貸主と借主がよく話し合って費用を負担することが大切です。中古物件が注目を集めている最近では、現状回復だけではなく、センスの良いリフォームを得意とする業者も増えています。

賃貸住宅に多いトラブル

室内

入居時の確認が重要

住宅を賃貸する場合にトラブルが多く発生するのは、退去時の現状回復についてです。しかし、建物を賃貸した場合の建物の損耗については、基本的には貸主が負担すべきであると国土交通省のガイドラインでは定められています。建物の損耗については、経年劣化に伴う損耗、通常の使用によって生じる損耗、目的外の使用や管理義務違反による損耗の三種類に分けることができますが、借主が本来負担すべき損耗は三番目の目的外使用等による損耗のみです。その他の損耗については、貸主が次の借主のために行うものですから、貸主が負担すべきというのが一般的な考え方です。しかし、実際にはどこまでを借主が負担すべきかが明確になっていない場合も少なくありません。そのため、退去の段階になって不当に高い現状回復費用を請求されることがあります。このような現状回復に伴うトラブルを回避するためには、契約時の確認が重要になります。まずは、入居時の物件確認を徹底することです。賃貸借期間が長期にわたる場合には、建物の損耗の原因が不明確になることがありますので、入居時に建物の状況を貸主と借主の双方で確認して記録を取っておくことが有効です。また、契約内容の確認の徹底も重要なポイントです。建物の状況をどんなに確認していても、現状回復の分担を契約の特約で決められていることがありますので注意しなければなりません。一般的には貸主が負担すべき次の入居者のためのリフォームも特約で借主負担とされていることもありますので、納得したうえで契約する必要があります。

Copyright© 2018 現状回復の申し込み【手続きが簡単にできる】 All Rights Reserved.